So-net無料ブログ作成

【我が身を使う実験】糖質制限食

甲田療法から糖質制限食へ変えた。

甲田療法では改善できないことがあった。

それは、自らの不摂生だと考えていた。

甲田療法を厳格に守らないからだと考えていた。

しかし、今
糖質制限食へ
そして、ケトプロへとシフトした

一日
バター 100g
卵     5個
牛肉  200g
以上

これだけでほぼ2ヶ月

体感が大きく変わった。

体が疲れなくなった。
眠くなくなった。
薬を飲むのを忘れてしまうようになった。

耳鳴りが気にならなくなった。

不思議だ。

血液検査は
肝臓の項目以外二重丸

これでよいと医者はいう。

妻もよいという。

自分もよいと思っている。

カギリナイヒテイ

着任したとき
教頭から言われた

「おまえはなぜこの学校に来た?」
「その年齢で何をさせるのか。」
「せっかく若手を育てようと考えていたのに。」
「おまえが来たためにぶちこわしだ。」

こんな始まりが待っているとは思っていなかった。

およそ血の通った人間とは思えなかった

あまりにも打算的

こんな上司と何年一緒に過ごす

いたたまれなかった

あるいみ
生徒との関わりは救いだった
しかし
ストレスは溜まり続けた

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。