So-net無料ブログ作成

ショクム

授業も職務だ

しかし生徒指導も職務であった

朝は登校の指導
昼休みは校内を見回る
放課後は部活の隙間をぬって校舎内を見回る
下校時には下校指導

とにかくやっかいだったのは
自転車通学生の指導であった

ルールを守らせなければならない
この義務感から
全てを一人で見回り
違反者がいたら
指導する
反省文を書かせる
自転車を預かる

これは
今考えると
自分の思いとは全く逆のことを
していた

ルールを守らせるためには
厳しく指導をする
守らなければ厳罰主義

こんな教育観は
みじんもなかったはずなのに
なぜか
それを繰り返していた

シュッキンシタラ

出勤したら
とにかく早く
横に慣れる場所に行き
横になる

ただただそれだけ

授業の時間になれば
教科書とチョークだけ持って
教室に向かう

職員室には戻らない
戻っても辛いだけだから

むしろ
生徒と話しているときの方がよかった
でも
それを続けるのもたまらなかった

オキラレナイネラレナイ

続いて起きたのは
夜眠れないことである

浅い眠りを繰り返す
気がつくと朝になっている
出勤の準備をしなければならない

しかし
体が動かない

行かなければならないという思い
体が動かないという現実

その狭間の中で

気がつくと
大声でうなり続けていた

アーウーアーウー
呼吸に合わせて
声が出てしまう

家族に迷惑だなどとは
一切考えられない

何とか起き上がって
準備をして
疲れ切った体と心をかかえて
出勤していた

カコヲフリカエル

辛かった過去を振り返る
この行為はとても辛い

敢えて振り捨ててきたものを
なぜ振り返るのか

何となくではあるが
それが今ならできるような気がする

あの頃は辛かったよなあ

始まりは
休日の過ごし方であった

それまでは
日曜日が楽しみで
外回りの作業をしたり
物を作ったりしていたり

そんな日曜日が
だらだらと横になって過ごすようになっていた

体が動かない
とにかく横になるしかなかった
そんなことを繰り返していた

明日は妻と

デートだ

こんなことがあって、こんな風に考えたんだけど
どう思う

ただそれを互いに話し続ける

最初は上手くいかなかった

言い過ぎたり
言葉足らずで誤解したり

でも
今は
互いに
大丈夫だと
自覚している

だから
楽しみ

さあ明日は何を話そうかなぁ

ライフスタイル

最近つくづく思う

がんばらない
そう決めた

でも
やる気がないわけではない

すべきことはする

ただ、できるかぎりと思う

そこんところが
許せるようになった

結局それは
自分のライフスタイルを変えることになっていた

薬を飲む
飲めないときは無理しない

夜は寝る
寝られないときはそれでいい

早めに出て
辛かったら休む
行けそうなら行く
でも
急がない

ゆっくりでいい
早めに出てるから
ぎりぎりに着いたっていい

早くついたら
薬飲んで仕事に取りかかる

効率もいい

耳鳴りが聞こえる
まあ気にしない

いつものことさ

これが私のライフスタイルなんだ

そう思える
そんな自分にたどりつけた

みんなのおかげだ
家族のおかげだ

ありがたいなあ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。