So-net無料ブログ作成

出会い

妻の運転で、新しい病院に着いた。
入り口から入ると、まるでそこはホテルのロビーだ。
これは、後で気がついたことなのだが、
ソファーセットが5、6組置いてある。
どのソファーも対面することのないように向けて置かれている。

受付をする。
スタッフがみんな笑顔だ。

予約時間までしばらくあるので、静かに持参した本を読む。
図書館で本を読んでいるみたいだ。
かすかに音楽が流れていて、他は全く音がしない。
話し声もしない。人々の動きと電話や受付の会話が
聞こえるだけである。

しばらくしたら
「〇〇さーん、〇号室へどうぞ。」
男性の温和な声がする。

妻に押されながら、部屋の引き戸を開くと、
そこには、笑顔のドクターが座っていた。

これまでの経緯を説明し、薬の処方を見せた。
ドクターが、開口一番言った言葉。
「薬が多すぎますね。
 生活に影響するくらい眠気が起きたりしませんか。」
「あ、はい。」

「まず、薬を減らしてみましょう。薬も新しいものにして、
 とにかくシンプルにしましょう。」
「はい。」

拍子抜けというか、今まで私が受けていた処方は何だったんだろう。
確かに、それまでの私には必要な処方だったのだと思うのだが、
今現在の私には、別の処方というか、取り組み方があるのではないかと感じた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

訣別

私の声をさえぎるように、主治医はこう言った。

「そもそも、カウンセラーにもいろいろあって、
 ちゃんとした資格を持った人もいれば、
 中には、資格もないのに占い師のようなことで相談にのる人もいる。
 うちで、私がカウンセリングをできないこともないが、
 あなたの場合は、このまま薬を飲みながらいくのが一番です。」

「はい。ありがとうございました。」
とだけ答えて、診察室を出た。

薬が出されるまでの間、ずっと考えていた。
一つのことを考えていた。

「もう、ここは私が来るところじゃない」

薬を受け取り、金を払い、
入り口を出て、振り返りもせず、車に乗った。

しばらく車を走らせていた。

帰宅すると、ちょうど妻がいたので、主治医との件を話すと、

「以前伝えたあの病院に行ってみない。」
「あ、うん…」

そういえば以前から、セカンドオピニオンをもらう方がよいのではないかと、
妻から言われていた。
妻は次の病院を捜してくれていたのだ。

「どんな病院か雰囲気を見に行くつもりでいってみない?」
「あ、そうね。」

その病院の予約がとれたので、行くことになった。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

序章 疑問

それはずっとつきまとっていた疑問であった。

「薬を飲み続け、調子が悪いとダウンする。」
こんな生活を、いつまで続けたらいいのだろうかと。

そんなとき、あるカウンセラーの方と話をする機会があった。

特別にカウンセリングのお願いをしたわけではないのだが、
たまたまそういう機会があったので、自分のことを話してみた。

30分程度であった。

なんだかこころがスッキリした。

そこで、ふと思いついた。
「自分は、カウンセリングしてもらえる誰かを必要としている。」

早速、次の受診の時にカウンセラーを紹介してもらおうと考え、
主治医のところに行った。

いつもどおりの会話。

「どうですか。」
「まあ、〇〇です。」
「じゃあ、このままでいきましょう。」
「ところで先生。」
「はぁ、何ですか。」
「カウンセリングをしてもらえるような方を…」
という言葉を発すると同時に、主治医は顔色を変えた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

うつ克服 出口が見えた

長い間更新をしていなかったが、実は
その間とても大きな変化があった。

今は、ストレスコントロールができ、自分の心も前向きになっている。

その間に何があったか。

セカンドオピニオン

結論は別の医者(病院)に移ることにしたということである。

そこにいたるまでの長い長い道のりを
いくつかに分けて、書いていくつもりだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。