So-net無料ブログ作成

BMIの値が?

1ヶ月ぶりに精神科に薬をもらいに行った。
薬の方は特に変化なしでよかったのだが、

西式甲田療法の先生から血液検査でCK(CPK)を
調べておくとよいといわれていた。
なぜなら、小食(かなりの低カロリー食)になるので、特に男性の場合、
筋肉がエネルギー源として消費されていないか調べるためである。
そんな訳で、血液検査をお願いした。

しかし、なぜCPKを調べるのかと、かなり聞かれた。
理由を説明すると、BMIの話になり、
現在の体重を51kgですと伝えると、
電卓で計算して、
「18.5ですか、これはBMIの値としては最低の範囲です。
 もしこの値を下回ることになったとしたら、私は医者として
 何らかの処置をしなけれなりません。
 もし、それをよしとする医者がいたら、それは犯罪ですね。」
と、言われた。

まあ、確かに西洋医学と現在のカロリー中心の栄養学の考え方からすると、
当然の答えである。

ここで精神科の主治医と、もめてもしかたがないので、
「はあ、気をつけます。」というと、
「随分やせたようですから、肝機能やコレステロールなどの検査に加えて、
 CPKも調べておいてもよいでしょう。」
ということになり、結局採血をしてもらった。

採血は看護師さんがしてくれたのだが、今までの採血と随分違ったのは、
腕の静脈が、ゴムでしばらなくても十分浮き出ていることである。
これまでだと、ゴムでしばっても指で何度も静脈を探り、やっと採血できる。
そんな状態だったので、本人がびっくりした。
また、看護師さんもベテランで、本当に「蚊に刺される」よりも痛くなかった。

西洋医学の論理を厳しく追及すれば、当然今回のようなことになる。
だったら、次から「体重は56kgです。」くらいにしておく方がよさそうである。
(56kgなら、BMIは20くらいになる。)

しかし、甲田先生は男性でも体重40kgになっても、大丈夫だと書いておられる。

現在の私の体を考えると、体重が51.0gで、筋肉量が45.0kgくらいである。
その差6.0kgが他のものになる。
骨量は、前回の職場の健康相談で1.2kgくらいだと言われた。
血液が5リットルくらいと考えると、約5kgくらいになる。
すると、残りはマイナスになってしまう。

体組織計が示す筋肉量が間違っているのか?
血液が減ったのか?
内臓や脳の重さはどこへいった?
よくは分からないが、体はいたって健康である。
やはり、CPK値が気になるところだ。

窓口で薬を受け取るときに、
「血液検査の結果は、次に来たときに教えて下さい。」と伝えた。
1ヶ月後が、楽しみである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

体質が変わった?

今年の夏も猛暑と言われている。
確かに暑い。
しかし、暑いとは感じるが、
暑くてたまらないという感じはない。
もともと暑さには強い方ではあったが、
何か違う感じだ。

暑さには人一倍弱かった妻も同様のことを言う。

そこで分析してみた。
一番違うのは、汗のかき方だった。

今までは、暑い中で運動や作業をすると、
頭や額、背中、太ももなどから、大粒の汗が流れ出していた。
鼻のあたまも、大粒の汗が噴き出していた。
そして、その後水をガブ飲みしていた。

しかし、今年の夏は同様の事をしても、
汗が出るには出るのだが、全体的にじわっと出てきて、
そのうち乾いていく。そのくり返しだ。
作業後も、水をほんの一口飲む程度である。
当然、体も辛くない。

西式甲田療法を始めてから感じた、大きな体質の変化だ。

ところで、現在の体重等の値は以下の通りである。
============================================================
体重       51.4kg
BMI        18.6
体脂肪率      8.5
筋肉量      44.5kg
内臓脂肪      1(計測器の限界で、1以下は、ないらしい)
消費カロリー  1245kcal
============================================================

先日ある体育大会で、昔の同僚と出会った。
彼はタバコを吸うので、競技会場の外でタバコを吸っていた。
背中越しに私が
「○○先生」と声をかけると、彼はふり返った。
「○、○、○○先生で、で、ですよね?」
「そうですよ。」
「病気でもされましたか。」
「いいえ。」
まあ、後はいつものとおりの話だった。
彼にしてみれば、数年ぶりの出会いだったので、
私が本人かどうか迷った様子であった。

また、最近お腹が出せなくなった。
西式甲田療法を始める前は、「ふっ」と息を吸い込んで、
お腹に力を入れると、スイカのようにお腹がせり出していた。
しかし、今はいくらそうしようとしても、お腹が出てこない。
確かに、仰向けになって運動をしているとき、
お腹を触ると、大動脈が脈打っているのがはっきりと分かる。
大動脈と言えば、体の中心付近にあるので、
今まで、その存在は知っていたが、直接確認することなどあり得なかった。

まあ、いろいろあるものだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

再び減薬?

もうすぐ薬がなくなるのと、翌週は何かと忙しいので
7月の下旬、精神科へ行った。

医師との会話
「その後いかがですか?」
「あのままで、特に変わりはありません。」
「夏休みですね。」
「はい。」
「まあ、そのままでいきますか。」
「お願いします。」
と、話は簡単に進んだ。

席を離れようとしたときだった。
「ああ、朝一番のトレドミンも、やめてみますか。」
「そうですね、ちょうど夏休みでもありますし。」
「ちょっとやってみて下さい。」
「分かりました。」
まだ、試してはいないが、夏休み中に試してみるつもりである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。