So-net無料ブログ作成

久々のライブ

デビュー以来ずっとファンで、CDも殆ど購入している日本の有名な
女性POPシンガーのライブに行ってきた。(実名は敢えて避けた。)

行きたいとは思っていたのだが、体調を考えると「無理だろう。」と思っていた。
それが、知らない間に妻がチケットを取ってくれていた。

「お父さん、一緒に行こう。」
「行ってみようか。」
久しぶりの2人きりのデートである。

当日になって、「ドタキャン」なんてならなければいいがと思いつつ当日を迎えた。
調子もまずまず。

夕食(久しぶりの外食)の後、会場に入った。
本当に久しぶりのライブ会場だ。
「いい。いい感じだ。」

客席も次第に埋まっていく。

彼女が登場して、ライブが始まった。

感動したの一言である。
妻に、「ありがとう。」と伝えた。

気持ちが晴れたというのではなく、
そういえば、こんな感触久しぶりだな。
この感触が戻ってきたな。
そう思えたことは、自分として満足できる結果であった。

ただ、ちょっと苦言を二つだけ。

私たちの席は、一階の真ん中あたりだった。
着席して、久しぶりのライブ気分に浸れるかなと思っていた。
ところが、最前列から十数列はファンクラブの若い連中が陣取って、
彼女が登場すると、いきなりスタンディングである。

「やめてくれよ。いきなりスタンディングかよ。」と思った。

昔、日比谷の野音のロックコンサートに何度も行ったことがある。
それでもスタンディングは、あるパンクグループが現れたときぐらいだった。
そのグループは、カリスマ的存在だったので、
登場したとたん、ファンが最前列に押し寄せてすごかった。
まあ、それはそれでいいかなという感じだった。

しかし、今回はゆっくり彼女の歌をライブで聞きたいと思ってきているのに、
「それはないだろう。」
「ライブはファンクラブだけのものではない。」
「おいおい、アットホームな感じでこのまま進んでいくのか?」と思っていた。
しかし、彼女が前列の連中を適当にあしらいながら、
淡々とライブを進めてくれたので、よかった。(ちょっと足は疲れたが…)

もう一つは、曲間に叫ぶおっさんである。
(自分も十分おっさんではあるが…)

「この会場をどう思う!」
「今朝何食べた!!」

「おっさんいい加減にしろよ!!!」
「どうでもいいことを、何で叫ぶ???」と不快に思っていた。

がっ

これも、彼女が適当にあしらいながら、淡々と進めてくれたので、
ライブはいい感じで進んだ。

結局のところ、昔の感触が蘇ってきたということは、
何か次のステップに進める自分を実感できたということである。
ただただ、妻に「ありがとう。」である。

ライブの帰り道
「ちょっとコーヒーでも飲んで帰らない?」と妻がいうので、
「寄ってみようか。」と答えて、ファミレスに寄って帰った。

甲田療法では、コーヒーは御法度の品である。
ただ、甲田先生自身は、一日一杯くらいはいいのではないかと
著書の中で書いておられる。

まあ、いずれにしても素敵な夜であった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

背中の鈍痛

月曜日の朝、起きようとするが背中全体が痛く
ベッドに張り付いたように重い。

「またきたな。」と思った。

5時、5時半、6時…
まだ起き上がれない。

結局7時に何とか起き上がって、朝の薬とスイマグを飲み、重湯を食べる。
朝食後の薬を飲み、様子を見た。
その後、マシーンでの運動をした。
しかし、マシーンの上に足をのせたまま起き上がれなくなってしまった。

「今日は無理だ。」
そう思えたのは、7時半を過ぎていた。

結局、学校に電話を入れ、課題などの連絡をして、1日年休を取った。

午前中はずっと、扇風機をかけて横になったままだった。
昼前、青粒・白粒をかじった。
昼のおかゆを食べ、昼食後の薬を飲む。
とりあえず、起き上がって、パソコンに向かうが、30分もしないうちにダウン。
結局、何とか普通に起き上がったのは、4時過ぎであった。

何か自分でも分からないけれど、ストレスがたまっていたんだろう。
今までも、そんなときに背中が痛くて、朝起き上がれないことが多かった。
うつと背中の痛みは、何か関係があるようだ。

翌日は、普通どおり出勤できた。
「まだ、体がつらそうだね。」と同僚から言われる。
「大丈夫、大丈夫。」と答えるには答えたが、ちょっと辛いことは辛い。
この日は、定時に帰った。
帰ってから後は、『いつもどおり』の生活に戻った。
『いつもどおり?』これが大切なんだなぁと思う。

ところで、体重などは以下のような状態である。

体重:55.3kg
BMI:20.2
体脂肪率:13.4%
筋肉量:46.0(くらい?)
内臓脂肪:5.5(くらい?)

月曜日と火曜日の後は、『いつもどおり』の生活を続けている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ストレス耐性

うつになると、極端にストレス耐性が低下する。
普通の人から見れば、
「そのくらいのことで。」
と思うようなことがストレスになっている。
その結果、心のエネルギーが損なわれて、
行動に障害が出てくる。

現在、減薬に取り組んでいて回復中とはいえるのだろうが、
仕事上のいろいろなこと、つまり、自分の心のペースとは違うこと、
更に言い換えると、期限を設定されてやらなければならないこと、
これが2週間から4週間続くと、かなりのストレスを生んでしまう。

「さっさとやってしまえばいいではないか」
と普通の人から見れば、そう思えるだろうが、
実はこれが、そんなにたやすいことではない。

先週それらのストレス源の〆切りが連続していた。
先週の金曜日、朝20分遅れ、終わり1時間年休…
今週の月曜日、朝1時間年休…

それらからやっと解放された。
「ふうっ」と力が抜けていくのが分かった。

何がストレス源なのか、よくよく考えてみると、
非日常的なことがストレスの原因であることに気付いた。

いつもの時間に起きて、職場に行き、授業をして、部活をして…
いつもの時間に我が家に帰り、食事をし、寝る。
このいつもの生活のくり返しが、単調ではあるが、我が身をストレスから解放する。
それ以外のことが、割り込んでくると、ストレスの原因となる。

まあ、心のウィルスみたいなもので、それに対する免疫力が低下している。
今までは、そのつど薬を処方してもらってきたが、今回はそうしなかった。
その結果、かなりのストレスを抱え込んでいたんだと思われる。
投薬したからといって、ストレスから解放されるわけではないので、
逆に、もがき苦しんでいたといえるのかもしれない。
今回は、休みはしたが、1日ドタキャンはなかった。
何をしたのか、ただ薬を飲み、西式甲田療法を続けただけである。

「ああ、またいつもの生活を続けることができるんだ。」と実感できたとき、
ストレスフリーになっている自分を見つけることができた。
日常的な生活、これがいかに大切であるか。
やっと、そのことが見えるようになってきた。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

体重22kg減少で落ち着いたか?

西式甲田療法を続けつつ、抗うつ剤の減薬も一息というところである。
現在の体重は平均すると56kg前後で安定している。
今朝の値でいうと

体重 55.7kg
BMI 20.2
体脂肪率 13.4%
内臓脂肪 7.0
筋肉量 46.7kgくらいだったと思う。
基礎代謝量 1,300kcalくらい
(体重以外の値は、数秒表示されるだけなので、およその値である。)

体重MAXの時から考えると、
結局22kg減少したことになる。
でも、つらくはない。

変わったといえば、手や腕や足の血管が浮き出てきたことだ。
昔、血液検査の看護師さんから
「先生のは、お肉が邪魔して見えにくいですね。」と言われ、
「それを採るのがプロやろ。」と、心の中でつぶやいたことがある。

それから、体前屈がぴったり手のひらがつくようになったことである。
もともと、柔軟性はあったのだが、前屈はお腹が邪魔してできなかった。

後は、全身の皮膚どこを引っ張っても、ムササビのようになってしまう。
これは、まあ目一杯のびていた皮膚が、突然中身がなくなったので仕方が無い。

他は、ベルトを15cmくらい切ったことや、ズボンを買い換えたこと、
時計のベルトがゆるゆるになったこと。
ウェストポーチのベルトを目一杯縮めたこと…
まあ、副産物ではあるがいろいろなことが起こるものだ。

うつの方は、これといって変化はない。
順調といっていいのかどうか、順調の基準が分からないので
何ともいいようがないが、昔のようにドタキャンはなくなった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。